日本トータルプロデュース > 株式会社 日本トータルプロデュースのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時は確定申告不要?売却時の確認事項を解説

不動産売却時は確定申告不要?売却時の確認事項を解説

≪ 前へ|住み替えにおける不動産売却の基本的な流れと査定のポイント   記事一覧   不動産の売却方法のひとつ「リバースモーゲージ」について解説!|次へ ≫

不動産売却時は確定申告不要?売却時の確認事項を解説

不動産売却時は確定申告不要?売却時の確認事項を解説

所有している不動産を売るときは、売買契約や引き渡しなど慌ただしく過ぎ去っていき、確定申告について考える余裕はないでしょう。
実は不動産売却によって申告が必要な場合と不要な場合に分けられます。
自分の売却はどちらに当てはまるのかチェックしてみましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時は確定申告不要?チェック方法とは

自分が売却した不動産は申告が必要かチェックする方法とは、売却によって利益が出たか同課で判断します。
物件売却価格から取得費や譲渡費などを差し引き、残った金額は譲渡所得と呼ばれ、利益に当たります。
譲渡所得には金額に応じた譲渡所得税が課税されることから、申告が必要です。
反対に譲渡所得が発生しなかった場合は不要かというと、そうでもありません。
損益が発生し、条件を満たしていることで所得税が戻ってくることがあるため、申請したほうが得になることがあります。

不動産売却時は確定申告不要?忘れた場合

申告が必要なのに忘れた、勘違いしていたなど、さまざまな理由で申告漏れになってしまう人がいますが、これらは延滞税や加算税などペナルティーが科せられます。
自分が忘れたとしても、税務署から申告についての書類が届きます。
売却時は登記などの名義変更や収入印紙など多くの手続きや変更しており、税務署が関係している部分も多くあることから申告の有無についてチェックされます。
よく分からないからとそのままにしていても、申告についての書類が届き、期限内に申告するよりも多くのお金の支払いが必要になります。
書類が届いたら迅速に申告書類を作成し、確定申告しましょう。

不動産売却時は確定申告不要?国税庁ホームページからチェック

譲渡所得が発生した、損益が発生したことによって確定申告が必要になったら、再度国税庁のホームページからチェックしてみましょう。
また確定申告書類のダウンロードや、手順、電子申告も選択できます。
税金関係の書類や手続き、書類のダウンロードなど多くの情報を掲載しているからこそ、自分の必要な書類や知りたいことに出会えるでしょう。

まとめ

不動産売却時の確定申告とは、譲渡所得が発生した場合は必要です。
しかし、譲渡所得が発生しなかったからと言って絶対不要なわけではなく、条件に当てはまることで税金が返還されることもあるので、申請したほうが良い場合もあります。
申請漏れがあると遅延税や加算税など、本来必要な支払い以上のお金が必要になるので、不安な人は国税庁ホームページからチェックしてみましょう。
私たち株式会社日本トータルプロデュースは、大阪市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお悩みに真摯に向き合い、解決へのお手伝いをいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|住み替えにおける不動産売却の基本的な流れと査定のポイント   記事一覧   不動産の売却方法のひとつ「リバースモーゲージ」について解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 海外投資物件
  • 更新情報

    2019-09-23
    マレーシア不動産、現地にて日本語での物件ご案内ツアーがスタート♪

    2019-09-03



    更新情報一覧

  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 日本トータルプロデュース
    • 〒581-0091
    • 大阪府八尾市南植松町5丁目182
      日本TPビル
    • TEL/072-990-6686
    • FAX/072-990-6687
    • 大阪府知事 (1) 第60824号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る