日本トータルプロデュース > 株式会社 日本トータルプロデュースのスタッフブログ記事一覧 > 不動産の売却方法のひとつ「リバースモーゲージ」について解説!

不動産の売却方法のひとつ「リバースモーゲージ」について解説!

≪ 前へ|不動産売却時は確定申告不要?売却時の確認事項を解説   記事一覧   投資用の不動産を購入する際のローンの基礎知識と利用方法について解説|次へ ≫

不動産の売却方法のひとつ「リバースモーゲージ」について解説!

カテゴリ:不動産知識

不動産の売却方法のひとつであるリバースモーゲージを解説

老後資金に関する問題は、多くの方が不安に思っていらっしゃることではないでしょうか。
そんな中、自宅に住み続けながら、自宅を担保にして老後資金を借りられるリバースモーゲージが注目を浴びています。
今回は、不動産の売却方法のひとつである「リバースモーゲージ」についてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の売却方法のひとつ「リバースモーゲージ」とは?

リバースモーゲージとは、自宅を担保に生活資金を借入れし、自らの持ち家に継続して住み続け、借入人が死亡したときに担保となっていた不動産を処分し、借入金を返済する仕組みです。

自宅を担保にして、資金を借入しながらも自らの持ち家として住み続けることができます。
そして、借入人が亡くなった際に担保となっていた不動産を処分して借金を返済する仕組みとなっています。
こちらは各都道府県の社会福祉協議会や金融機関が取り扱っていますが、どの機関のものを採用するかで借入金の使い道や貸し付け対象、限度額が異なります。

不動産の売却方法のひとつ「リバースモーゲージ」のメリットとは?

通常のローンでは、元金にくわえて利息を毎月返済する必要がありますが、リバースモーゲージでは、毎月の支払いが利息のみで済みます。
また元金の返済は、借入人が亡くなったときに現金で一括か、自宅を売却するかを選択できます。
配偶者がなくなった場合に、もう一方が契約を引き継ぐことを認めている金融機関が多く、居住を失うリスクを避けられます。
借入の使用途が自由な金融機関も多いため、住宅ローンの返済や、自宅のリフォームなど柔軟に資金を活用できます。
さらに、まとまった退職金や預貯金などの資金があれば、不動産を確保しながら老後資金の準備を進めていけるのです。

不動産の売却方法のひとつ「リバースモーゲージ」のデメリットとは?

リバースモーゲージは、融資ではありますが、債務者が亡くなった後は自宅売却が前提のため、家がなくなり家が相続財産として残りません。

また、金融機関によっては、リバースモーゲージによる融資金の使いみち(資金使途)を限定している場合があります。

まとめ

今回は、不動産売却の一つであるリバースモーゲージとはなにかを解説してきました。
老年期を迎えるにあたって老後のライフプランを考えるうえで、使い道によっては非常に便利ですが、大きなリスクを伴うということも押さえておくべきでしょう。

うまく利用することで高齢者の方々が消費をしやすくすることが可能なので、今後より高齢社会になっていくことが確定的な日本社会においては、比較的適している商品といえるでしょう。
私たち株式会社日本トータルプロデュースは、大阪市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお悩みに真摯に向き合い、解決へのお手伝いをいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却時は確定申告不要?売却時の確認事項を解説   記事一覧   投資用の不動産を購入する際のローンの基礎知識と利用方法について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 海外投資物件
  • 更新情報

    2019-09-23
    マレーシア不動産、現地にて日本語での物件ご案内ツアーがスタート♪

    2019-09-03



    更新情報一覧

  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 日本トータルプロデュース
    • 〒581-0091
    • 大阪府八尾市南植松町5丁目182
      日本TPビル
    • TEL/072-990-6686
    • FAX/072-990-6687
    • 大阪府知事 (1) 第60824号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る