日本トータルプロデュース > 株式会社 日本トータルプロデュースのスタッフブログ記事一覧 > 投資用の不動産を購入する際のローンの基礎知識と利用方法について解説

投資用の不動産を購入する際のローンの基礎知識と利用方法について解説

≪ 前へ|不動産の売却方法のひとつ「リバースモーゲージ」について解説!   記事一覧

投資用の不動産を購入する際のローンの基礎知識と利用方法について解説

カテゴリ:不動産知識

投資用の不動産を購入する際のローンの基礎知識と利用方法について解説

投資用の物件を購入するなら、ローンの知識を得ておきましょう。
どのような融資が使えるのか、どんな流れとなるか知っておくと安心です。
今回は、物件を購入する際の融資の基礎知識から、利用の流れまでご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

投資用不動産を購入するときのローン

融資といっても、住宅ローンと投資用不動産向け融資は特徴が違います。
第一に、借入目的が異なるため、投資用不動産の購入では使えません。
融資を利用する場合は、投資向けの金融商品を選んでください。
また、住宅ローンと不動産投資融資では返済原資にも違いがあるため注意しましょう。
返済原資とは、返済に充てる資金のことです。
一般住宅では毎月の給料が原資ですが、不動産投資ローンは家賃が原資です。
物件の購入では毎月の家賃で返済できるため、融資の審査は借入本人と収益物件も対象になっています。
このことから一般住宅の融資と比べて、物件購入の融資は融資金額が高くなりやすいでしょう。
収益性の高い物件が融資の対象であれば、融資金額もそれに合わせた金額になります。

投資用不動産を購入するときの金利

一般住宅向け融資と比べて相場が高くなる傾向があります。
投資は安定した利益が続くとは限らないためです。
金利が高いと返済総額もあがりやすいため、物件を購入する際には、比較しながら融資を選ぶようにしてください。
タイプは、変動金利と固定金利から比較すると良いでしょう。
変動は金利が低くなりますが、将来の上昇リスクを考慮してください。
固定は変動リスクがありませんが、変動より金利が高くなってしまうでしょう。
できるだけ下げる工夫も合わせてやると、返済総額を減らすことができます。
たとえば、借主の属性をあげる、マンションを選ぶ、頭金を用意する、不動産会社提携ローンを使うなどの方法です。

投資用不動産の購入で融資を利用する流れ

購入希望物件が決まったら、収益のシミュレーションをしましょう。
作成した資料は審査の資料として金融機関に提出しなければなりません。
続いて作成した資料を基に仮審査の申し込みをします。
仮審査に通った場合は、物件を購入する手続きをしてください。
売買契約をしてから、融資の本審査が開始されます。
本審査の通知がくるまで早くて1週間、遅くても1か月くらいかかるでしょう。
審査に通ったら、金融機関と金銭消費貸借契約をしてください。
物件の所有権登記と金融機関の抵当設定登記を済ましてから、決済と引き渡しで手続きは完了です。

まとめ

物件の購入では、融資を利用する流れが一般的でしょう。
融資の手続きは時間がかかるため、早めに行動するようにしてください。
複数の金融商品を比較しながら、自分に合った商品を探してみてください。
私たち株式会社日本トータルプロデュースは、大阪市の物件を中心に取り扱っております。
お客様のお悩みに真摯に向き合い、解決へのお手伝いをいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産の売却方法のひとつ「リバースモーゲージ」について解説!   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 海外投資物件
  • 更新情報

    2019-09-23
    マレーシア不動産、現地にて日本語での物件ご案内ツアーがスタート♪

    2019-09-03



    更新情報一覧

  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 日本トータルプロデュース
    • 〒581-0091
    • 大阪府八尾市南植松町5丁目182
      日本TPビル
    • TEL/072-990-6686
    • FAX/072-990-6687
    • 大阪府知事 (1) 第60824号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る