日本トータルプロデュース > 株式会社 日本トータルプロデュースのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸で住むのか購入するのかどっちがいいの??

賃貸で住むのか購入するのかどっちがいいの??

≪ 前へ|ライフプランを作る...   記事一覧   賃貸を借りるときの流れ...|次へ ≫

賃貸で住むのか購入するのかどっちがいいの??

カテゴリ:不動産知識



こんにちは('◇')ゞ


本日は、皆様が一度は考えられる、「マイホームが欲しい」一度は考えられることだと思います。その中で、マイホームを買うのか、賃貸で住む続けるのかの2択になるかと思います。
よく雑誌の記事やインターネットに書いてある「賃貸VS購入」などの話題があります。これは住宅の永遠のテーマであると思います。
どちらもメリット、デメリットがございますので、ご紹介させて頂きます。


住宅を購入するメリット


①住宅ローンが組める
家を購入するとき、金融機関より住宅ローン融資を受けて購入することがほとんどです。
②自分の生活、年齢、家族構成にあった間取りや広さが選べる
将来は子どもが家を出たりなど未来の想定をして間取りの編成ができる。
③資産になる
不動産を持つということは、資産をもつことになります。家を担保にしてお金を借りることもできます。
④社会的信用
「持ち家」であることが社会的信用を得られます。
⑤相続できる
子どもや孫に「家」や「土地」として残すことができる。

住宅を購入するデメリット


①住宅資金額が大きい
住宅ローンで購入はできるが、資金としては大きな金額になってきます。
②簡単に住み替えられない
転職やライフスタイルが変わっても、簡単には住み替えや引っ越しができません。


賃貸に住み続けるメリット


①ローンがないので破綻リスクがない
住宅ローンを組まない為、毎月の支払い年間の支払いの破綻するリスクが少ない。
②固定資産税・都市計画税がかからない
不動産を所有している方にかかる税金がかからない。
③ライフスタイルにあわせて移動できる
転職や、転勤があっても簡単に引っ越しができる。
④収入状況により家賃が低い物件に引っ越しができる
さまざまな理由で家庭の収入状況が悪化しても家賃の低い物件に引っ越すことができる。

賃貸に住み続けるデメリット


①増築・改築ができない
専有部分であってもリフォームや増築は自由にできない。
②防音性が低い物件が多い
賃貸物件では、分譲の建物でない限りお隣の足音や物音が聞こえる。
③老後であっても家賃を払い続けなければいけない
定年退職してからでも住み続けるために家賃を払い続けなければいけない不安



賃貸VS購入


この問題は住宅の永遠のテーマであると思います。
どちらのメリット・デメリットを出すことで、一長一短だと思います。
購入する事で、安心する部分がありますが、掛かる費用があります。
私個人的には、購入して、家賃を払いつづけるより、住宅ローンを組み、毎月の支払いをして、元金分は自分のものになっていくという考えができるので、私は購入するほうがいいかなと思います。(※あくまで個人の意見です)


日本トータルプロデュースでは、売買も賃貸も両方させて頂いております。
売買も賃貸もスムーズに案内からご契約、お引渡しまでさせて頂きます。
皆様のお問合せお待ちしております。











   
≪ 前へ|ライフプランを作る...   記事一覧   賃貸を借りるときの流れ...|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 海外投資物件
  • 更新情報

    2019-09-23
    マレーシア不動産、現地にて日本語での物件ご案内ツアーがスタート♪

    2019-09-03



    更新情報一覧

  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 日本トータルプロデュース
    • 〒581-0091
    • 大阪府八尾市南植松町5丁目182
      日本TPビル
    • TEL/072-990-6686
    • FAX/072-990-6687
    • 大阪府知事 (1) 第60824号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

佐野大河 最新記事



佐野大河

不動産キャリア4年とまだまだではございますが、皆様を何事も全力でサポートさせて頂きます!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る